新着情報 | 大阪市鶴見区での塗床工事、床仕上げは「ミカド株式会社」防水工事も承ります!

ミカド株式会社

06-6167-7516

06-6167-7517

CONTACT

新着情報

衛生的で美観性アップする「床塗装」のススメ

こんにちは!
大阪市鶴見区にある塗床工事を専門に扱う「ミカド株式会社」です。

工場の床や人通りの多い床は大変傷つきやすいもの。
塗床施工で美しい床に仕上げ、美観を維持させることができます。

見た目の綺麗さだけではなく、耐久性、耐熱性、防塵性など
様々な効果があり、作業の安全性にも寄与することができるでしょう。
床素材、業種などの各種条件に応じて、適切な塗装を選ぶことが大切です。

費用は、一般的に塗装の厚みを2倍にすれば、単価は約2倍となります。
塗装を厚くすればそのぶん、単価も上がりますが
耐久性を重視したい機械工場や、重量物運搬に使う通路など
塗装を厚くする必要があるときは。通常より費用がかかります。

また、塗料の種類によっても、単価は変わってきます。
床塗装で主に使われる塗料は、エポキシ樹脂、ウレタン樹脂、アクリル樹脂です。
それぞれの特徴を下にまとめてみました。


【エポキシ樹脂(単価は最も安い)】
・価格が安く、防塵や衛生面のみを重視するときに最適
・厚膜にすると、ツヤが美しく高度な耐久性を発揮
・耐久性、摩耗性などは、ほかの塗料に劣る
・硬化するのが遅く、仕上がるまでに時間がかかる
・60度の温水に触れると、塗膜が軟化することも


【ウレタン樹脂(単価は中間)】
・耐衝撃、耐熱性、耐薬品、耐摩耗など高度な耐久性をもつ
・下地処理が不完全だと、短期間で剥離を起こす可能性がある
・汚れやすくカビが生えやすい
・硬いため、割れが生じやすい


アクリル樹脂(最も高単価)
・施工後1時間程度で硬化、工期が短い
・エポキシ樹脂の5倍程度の耐久性がある
・90℃以上の熱湯を使用する場所では、膨れが生じやすい
・鋭利なものの落下に弱い


エポキシ樹脂がもっとも単価が安く
ウレタン樹脂は中間、アクリル樹脂は単価が高くなります。

ただし、場所や用途に応じた種類を選ぶことも重要で
コストと性能を総合的に検討することをオススメしています。
お問い合わせはこちらから

2022.03.18

ページトップ