新着情報 | 大阪市鶴見区での塗床工事、床仕上げは「ミカド株式会社」防水工事も承ります!

ミカド株式会社

06-6167-7516

06-6167-7517

CONTACT

新着情報

薬品工場や食品工場の床に耐久性をもたらす樹脂塗装とは?

工場や商業施設などを中心に床の塗装工事を行っているミカドです。
コンクリートやフローリングがむき出しになっている床がありましたら、ぜひミカドの樹脂系塗装をご検討ください。

ミカドではアクリル樹脂系塗装、ウレタン樹脂塗装によって衝撃に強い床に改修いたします。

薬品工場や食品工場で働いたことがある方ならイメージが湧くかと思いますが、床が固い素材ではなく、ちょっと塗膜がある柔らかい素材になっていることを感じたことがあるかと思います。

こういった樹脂系塗装を行うことで衝撃に強く、さらに防水性も高まります。

イメージとしては、学校の体育館の床のような感じを連想すれば良いかと思います。

こういった床でしたら何か物を落としてしまっても破損する可能性が低いですし、作業員が転んでしまっても怪我をすることはないでしょう。

美観も保たれるので、樹脂系塗装の床を採用している製造工場も多いです。

ミカドでは塗装を行う前に、床の状態をチェックして、もしほころびがあればパテや補強剤で傷口を埋め平らにします。
それから塗膜を塗布していきますので、ひび割れなどが発生する可能性も大幅に軽減します。

床の改修工事をご検討中ならミカドまでご連絡ください。

お問い合わせはこちらから

2021.08.20

ページトップ